1分日記

フミコフミオが数分で書いた日記を1週間後にアップするブログです。午前8時更新。不定休。

スプリングとドラゴン

1月4日、土曜、晴れ。朝食はファストフード。年末年始に出たダンボールを捨てるために、ウォーキングも兼ねて、ショッピングモールへ行くが、ゴミの受け付けは休み明けからだった。おかげでダンボールを持って歩き回るハメに。クソ。なんだか歩いてばかりだが、歩いたあとは原稿のアイデアが湧いてくるからやめるわけにはいかない。歩きながら考えているわけではないのに、不思議だ。血行が良くなるからだろうか。昼食はモールのフードコートで餃子定食。帰宅してからテレビゲーム。夕方からまたウォーキング。歩いてばかりだ。年末年始に音楽番組を見て日本の音楽家にはエロと破壊衝動が足りていないと感じた。まるで去勢されているようで、そこが、面白くない。ユーチューブに載せられなくなるからか(知らないけど)。曲は綺麗でも僕の心には引っかからない。この休みに村上龍さんの愛と幻想のファシズムを再読した。完全なる厨二病小説(褒め言葉です)。傑作。

愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)

愛と幻想のファシズム(下) (講談社文庫)

  • 作者:村上 龍
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1990/08/03
  • メディア: 文庫
 

昔は、村上春樹さんとダブル村上と呼ばれていたけれど、最近は呼ばれていないみたいだ。村上春樹さんの小説は読み終えたあと、自分が賢くなった気になるが、村上龍さんの小説はパンツ1枚で街へ飛び出したくなる。そんな印象。今日も早く布団に入ろう。ここ1ヶ月ほど早めに寝るようにしているけれど眠れないほうが多い。原因はわかっているがどうしようもない。やれやれだ。

 

理解されなくても気にしない。

1月3日、金曜、晴れ。箱根駅伝が記録ラッシュ。ナイキの厚底シューズのおかげなのかな。青学が優勝。昼食は最近お気に入りのアジアン食堂でカオマンガイ。奥様はヒットドラマの再放送を観ている。何回も観て、何が楽しいのか。よくわからないが、わからないことをわからないまま受け入れることが大事。これ、もしかしたら人生で最も大事なことのひとつかも。夕方はウォーキング。夕焼けの海岸に間に合わず。

f:id:Delete_All:20200104075718j:image

蕎麦とおせちの残りと焼き鳥の夕食に祭りの終わりを感じる。テレビで宇多田ヒカルさんがトーク番組で落し物について熱く語っていた。そこにないはずのものがそこにある所在無さに共感するらしい。天才。彼女レベルを天才というのであって、最近は天才が量産されすぎ。ホニャララのダルビッシュとかホニャララのメッシとか。天才に近い人は天才ではない。これ、正直に言っているだけで、おそろく的を得てると思うけど、人によっては悪口に聞こえるらしい。うむー。

人生からは逃げられない。

1月2日、木曜、晴れ。高速レース化した箱根駅伝。今までのやり方を変えられない大学は結果を残せなくなるだろう。昼過ぎに妻の実家でひたすら食べる&ビール。

日産のゴーンさんが海外逃亡。ゴーンイズゴーン。保釈という制度が間違っているのではなく、保釈された被告人を監視・管理する方法が諸外国より甘すぎるということ。簡単に密入出国できてしまう入出国審査体制のほうが問題だと思うけどね。

f:id:Delete_All:20200103102255j:image

夕方久しぶりに川崎大師まで行ったが、元旦を外せば空いている、という予想を裏切って、メチャクチャ混んでいたので参拝はせずに境内でビールだけ飲んだ。夜、綾瀬はるかさんのギボムススペシャルを観た。綾瀬はるかさんが歩いているシーンで必要以上にお胸が揺れていた。これは問題にならないのだろうか、と一瞬思ったが、幸せな気分になった自分の気持ちを大切にしたいと思う。それが人生。

新しい年が始まったけど僕の中では何も始まらない。

1月1日、元旦、晴れ。今年から1週遅れで日記をアップしていく。新年だからといって何かを始めたり決めたりすることはない。頑固ではなく、年中いつでも始めたり、決めたりすればいいと考えているから。朝食はおせち。徒歩3分の神社に参拝。おみくじは末吉。車で実家に行って新年の挨拶。弟一家と久しぶりに会う。犬を連れてきていないのが残念であった。夕方まで滞在。

新国立競技場で行われている天皇杯決勝、鹿島対神戸を視聴。神戸が初タイトル。イニエスタの巧さとポドルスキの強さ。それと楽天のマネー。帰宅してからおせちとコンビニで買ってきたコロッケで夕食。奥様が見るテレビ特番に付き合う。どこが面白いのかわからない芸能人があらゆる分野の一流とそうでないものを当てるクイズ番組だ。年末年始の番組は3時間以上のものがザラなのに毎年驚く(紅白も)。よく観ていられるなあ、と感心してしまう。一般的に、長くて大きいものより、短くてコンパクトなのものが、求められることが多いのに面白いなあ、と。SNSにリアルタイムで感想や印象をアップしているのかな。

このブログを時間をおいてアップするのは、そういうリアルタイム感を排したいと考えたからだ。その他にも理由はあるけど伝える必要がないので、あえていわない。では、今年もよろしく。

令和元年終わる(2019年12月31日)

2019年12月31日、火曜、晴れ。2019年最後の日。いつものようにカフェで朝食&読書。昼はハンバーグチェーン。昼寝1時間。予約しておいたお節と天麩羅を取りに行った。夜は蕎麦を食べながら、家族が長時間にわたって特番番組を観るのに付き合うことになる。何が面白いの?は禁句で。

今年は9月に単著を出した以外、特に何もなかった年だった。だから感想も印象もない。本ブログについては少しやり方というか視点を変えて運営していこうと考えている。読んでいる人には分からない程度のマイナーチェンジだ。今年は更新頻度を高めにしたので来年は落としたい。イメージとしては月3回更新の年36回くらい。ここ数年は読む人のことを念頭に置きすぎたから、来年は読者のことはあまり考えないようにする。もういいでしょう。そういうのは。こちらのブログは原則毎日更新で行くけれども更新を1週間遅れにする。つまり初回1月1日分を1月8日にアップするということ。本年もありがとうございました。良いお年を。お年玉で本を買ってくれたら嬉しい。

人が多いところは疲れる(2019年12月30日)

12月30日、月曜、曇り時々雨。寒い一日。朝食はコストコで買ってあったクロワッサン。午前は風呂場換気扇のフィルター交換と書き仕事を少々。昼は某坦々麺専門店。午後は実家の買い出しの手伝い。ショッピングモール内のスーパーは同じように年末年始買い出しの客で大混雑であった。野菜、縁起物などを買う。若干高いが仕方ない。夕食はコストコで買ったローストチキンを使ったピラフ。家族が好きな激辛大食い番組を見るのに付き合い、運動神経が悪い芸能人の番組、毎年楽しみに見ているプロ野球戦力外通告を観る。

前にもここで書いた気がするが来年からSNSとの距離を少し置こうと思っている。理由は、もういいかな、というぼんやりとしたもの。完全に辞めるわけではない。ただ、SNSで話題になっているものにあまり興味が持てないようになってしまった。おそらく、来年はSNSから離れたり、付き合い方を変える人がかなり増えてくるのではないかと予測している。

拝と清掃のアナーキズム(2019年12月29日)

12月29日、日曜、晴れ。前夜ハードに生ビールを飲んだ影響もなく、いつもの休日と同様、近所のカフェで朝食。買い物を済ませて帰宅。百均グッズを活用してテレビやオーディオ類の裏面コードを整理。ワイヤーネットと結束バンドは神。近日中に閉店する中華料理屋でニラレバ定食を食べ、NHKドキュメント72時間スペシャルを視聴。レギュラー放送で見逃していた回が結構あった。新宿の練習スタジオ回で、10年前やっていたアホバンドのことを思い出す。僕の知らないところで解散したバンドだ。この番組を見ていると大病も大怪我もなく生きていることが素晴らしいことだとわかる。途中まで観て、10キロほどウォーキング。焼き魚を食べて、村上龍を読んで、寝た。初めて読んだのは30年前かな。高校生の頃。愛と幻想のファシズム(上) (講談社文庫)