1分日記

1~2分で書いている日記です。

推測しながら話す(2019年8月8日)

8月8日、木曜、晴れ。猛暑が続いている。もう夏はいい、という気持ちになりはじめている。部署の人に休んでもらっているため、現場からのヘルプには責任者の僕が対応している。部下の人たちには普段楽をさせてもらっているので、こういうときくらいは僕が、という気概をもって当たっているが、なんで部長の僕が、というブラックな気持ちもないわけではない。若手有望政治家とおもてなしのフリーアナの人が結婚したことが現場で話題になっていたので、「結婚なんてそんなにいいものっすかね」と言ったら、「結婚できない人に言われても」的なつめたい反応をされた。現場の人たちは僕のことをほとんど知らないから仕方ないけれども、この人既婚?それとも独身?わからないけれどそのあたりに注意して会話しよ、という心がけがないと人生苦労するんじゃないかな、と心配した。あと、平成の名著「大河の一滴」を読み始めた。大河の一滴 (幻冬舎文庫)