フミコフミオの物欲日記

役に立たない情報をお届けしております。

はてなブログ読者数5000超の僕が読者を増やすためにやらなかったこと。

ブログ読者数がブログを書くモチベーションになる人の気持ちはまったくわからないが、そういう奇特な気質を持たれている方々のために本ブログhttp://delete-all.hatenablog.com/の読者数が5000オーバーしている僕がブログでやってきたことをまとめておく。読者数に関していえばはてなブログではトップレベルにいるのではないかな(実際は知らない。つーか調べ方をしらない)。もしトップレベルにあるのであればそれなりにノウハウとして役立つと思うので参考にしていただければ幸いである→改行をしない。リンクを貼らない。画像は使わない。気取らない。人の目を気にしない。更新頻度は気にしない(低くてOK)。時間をかけない。ブロガーとリアルに会わない(馴れ合いしない)。広告を貼らない。他メディアでの活躍の紹介をしない。以上のことを守ってマイペースにブログを続ければ自然と読者数は増えると思うが、ベースとして相当の才能が必要なので気をつけていただきたい。それでは皆さん楽しいブログライフを!

フミコフミオのPV報告(2017年6月度)

ブロガーたるものPVを公開するのが流儀らしいので僕もやってみることにした。【2017年6月度】ブログ更新回数2回/ハローワーク通所回数10回(失業認定含む)/書類審査落選2回/最終面接回数2回(うちお祈り2回)/JR・私鉄使用回数3回(面接2回 野球観戦1回)/自家用車運転回数2回(ガソリン給油0リットル)/バイト代65,000円/昼スナック回数10回/夫婦喧嘩3回/自慰回数カウント不可能/夫婦の営み0回【以上】これが僕の2017年6月のPV、プライベートのすべてである。カピカピに乾ききってるマイライフ。7月は全ての数値をアップさせるのが目標でございます(夫婦の営み除く)。ブロガーのみんな!一緒に頑張ろう!ブログ、大好き! 

空前絶後の超絶孤高ブロガーの作業環境を公開!(フミコフミオ編) 

 f:id:Delete_All:20170627182709j:image

http://delete-all.hatenablog.com/はこんな環境で書かれてます。喫茶店でガラケーで打ったものをスマホにメールして貼り付けてるだけ。文面をいったん頭の中で書いて吐き出しているだけなので、二万字くらいまではこれでOK。古本屋で10円で買った辞書(平成元年もの)も使用。ブログも連載記事も基本的には同じスタンス。マイPCを持っていないのでどうしても使わなければならないときは嫁さんのノートPCを借りていたけれども、現在は諸事情によりネットカフェ利用の方が多いかも。ブロガーにとって大事なのは環境よりもパッションだと信じております。

シソを盛れば無敵になるの法則

家族のために食事をつくるときはとりあえずシソ。シソが大好きってのもあるけど、シソを盛ればなんとなく洒落乙感が増すから。

f:id:Delete_All:20170615092150j:imagef:id:Delete_All:20170615092625j:imagef:id:Delete_All:20170615092228j:image

f:id:Delete_All:20170615094025j:image

f:id:Delete_All:20170615094308j:image

ではまた。

 

 

 

「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」で遊んでる。

 

バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4

バットマン:リターン・トゥ・アーカム - PS4

 

  2月23日にリリースされた「バットマン:リターン・トゥ・アーカム」で毎晩バットマンになりきっている。PS3等で出ていた名作アクションゲーム「アーカムアサイラム」と「アーカム・シティ」のリメイク二本立て。とりあえず「アーカムアサイラム」のストーリーはクリアした。バットマンは銃にはからきし弱いので、銃を所持しているのがたとえ雑魚敵であっても、そろそろと背後が忍び寄り気付かれないうちに倒す、という極めて地味、かつ陰湿な戦いを遂行していたのだが、それがまた日々、他人様の目を避けて生きている無職の自分の姿とミョーに重なって涙無しには遊べなかった。それゆえにラスボスのジョーカーを倒したときに、正社員として雇用されたような気分の高揚を得られたわけである。バットマン、最高。これから第二作目である「アーカム・シティ」をプレイするつもり。

最近ゲームばかりしている。

最近、仕事がしんどく、現実逃避もかねて毎日、夜遅くまでゲームしている。(プレステのアカウントはdelete_all0213。フレンド申請お待ちしております)

 

バトルフィールド 1 - PS4

バトルフィールド 1 - PS4

 

 具体的には、バトルフィールド1のマルチプレイを2時間。2時間、ほぼ一方的に金的を狙撃されたり、火炎放射器で丸焦げにされたり、爆撃ですっ飛ばされたり、ドMの僕にはタマらない充実した時間を過ごせている。第一次世界大戦当時の兵器だからか精度が低く、ビギナーの僕でもけっこー弾から逃げることができている。つーかWW1のゲームって珍しいのでそれだけでオッケーな感じ。オスマン帝国万歳!雄マン万歳!雄マン万歳!

 

 

ペルソナ5 - PS4

ペルソナ5 - PS4

 

 それから1時間半ほど、ペルソナ5の2周目をトロフィー狙いでプレイ中。リアルでは勃起力が欠落しているので、せめてゲームのなかだけでも絶倫マンのごとく、女性キャラを全員恋人にするまで奮闘するつもりでいる。JKも女医も検事もメイドも全員まとめてレロレロしてやるぜ!はっきりいってパレス(ダンジョン)探索や、基本的にシャドウ(敵)の弱点探しに終始する戦闘よりも、学園生活がメインの日常パートの方が面白く、現実に帰りたくなくなるけれども、頑張ってJK役を演じておられる水樹奈々様の声が僕を現実に戻らせてくれる。この作品は「奈々様もJKとして頑張っておられるのだ。僕たちも頑張らなければならない」という全サラリーマンへの応援歌なのである。

 

 2作とも一度はプレイする価値のあるゲームなので是非とも遊んでいただきたい。それにしてもモルガナかわいいがな。(所要時間7分)

小銭入れを買い替えたよ。

15年ほど使っていた小銭入れがボロボロになり、「ちょwwwないんだけどー!!」キャバクラで笑われてしまったので、買い換えることにした。
f:id:Delete_All:20151024010612j:image
見よ!この歴戦の勇者感!

常に持ち歩く小銭入れに求めるものは、①それなりに丈夫であること②高級すぎずに安っぽくないこと③使いやすいことの3点。大量の小銭を持ち歩かないので容量については重視しない。

今まで使っていたものは①②については合格点だったけれども③使いやすさの点で不満があった。支払いの際には片方の手で小銭入れ本体を持ち、もう片方の手でフタを開け小銭を取り出さなければならないのが、どうもね。

普段、カバンを持っているのでいちいち両手を空けるようにするのが、たいした工程ではなくとも、チリツモで凄いロスのような気がしてならなかった。

なので新しい小銭入れは、片手がふさがっていても小銭を取り出せる利便性を重視して選んでみた。

選んだのがこれ。 
パズロ  コインケース
f:id:Delete_All:20151024093829j:image

③の利便性。片手での取り扱いのしやすさなのだけど、

開けて、
f:id:Delete_All:20151024083617j:image

受けのホールド部分にコインを流し込むようにすれば、
f:id:Delete_All:20151024083641j:image

片手でも支払いが出来る。ちょっとテクがいるけど。


①丈夫さについてだけども、ネットの商品レビューだと使用期間が短くなりがちで僕はいまいちその点だけはいつも不満だった。毎日持ち歩くアイテムならなおさらだ。「お前の紹介するコインケースも同じではないか馬鹿者!」と叱責されそうなところだけれども、 実はこれを買ったのは今年の1月。
f:id:Delete_All:20151024010426j:image
それ以来10ヶ月間毎日使っているのだけれど、今の所壊れた箇所もなし、ヘタリもない。
f:id:Delete_All:20151024093857j:image

いい具合に色が抜けて買った時よりもカッコよくなってきてイイ感じ。価格も見ての通りリーズナブルなので超オススメ。問題は、キャバクラに行くお金がないことくらいだ。